ワンクスHOME > お知らせ > 経営者情報

お知らせ

2017/05/19

時間の流れが早いですね!

毎日のスケジュールを詰め込みすぎて、自己矛盾が起きている森です。

今、ペットサロン経営塾や一般企業でさせていただいているセミナーでは以下のように伝えています。

「戦略」とは戦うことを略すこと。

「忙しく」することと「戦略」は違う。

ビジョンや理念のもと、効率よくビジネス的手法で社会のお役に立つことだ!

と、伝えてます。

 

ところが自分のスケジュールを見ると、詰め込みすぎて本を読む時間や、ゆっくり物事を考える時間、社員さんと話し合う時間がドンドン削られています。

今やってることをもう少し精査して、緊急ではない重要な仕事を増やしていきたいです。

 

20数年前にインターネットが開放され、11年前にスマートフォンが手のひらに入ってから、世界のあらゆる情報が手に入るようになりました。

30年前、出張でホテルの予約をするのにも30分かかっていたことが5分でできる。
知りたいことを調べるにも、Google先生やSiriが教えてくれます。

第3次情報革命は時間革命だと言われていますが、毎年加速しているような気がします。

時代の流れや物事の進化が速く、10年ひと昔だったのが、5年で大きく時代が変わっています。

恐らくオリンピックに向けて、この3年で日本は大きく変わっていくでしょう。
ペット業界も来年の法改正で様々なことが変わります。

毎日の仕事に流されることなく、未来を見据える時間を創り変化に対応することが出来なければ淘汰されてしまいます。

しっかりと情報を得て、未来を見据え、全員経営を目指していきたいと思います。

2016ステッカー データ outline

2017/04/04

ドッグショーが好き

今年は出張続きで満開の桜が見れないかと思いましたが、近所の桜並木はまだ分咲きだった森です。

先週は東京ペットサロン経営塾からの~インターペットで日本ペットサロン協会のお手伝いをして、土日はFCIジャパンインターナショナルドッグショー2017でした。

 DSC_0125
尊敬するプロハンドラーの露木浩さんのところでスカイテリアを盗撮。
美しかった~U^з^U

ペット業界に入って30年。

幸いなことにドッグショーに、ずうっとお世話になっています。

社会人になった当初から日曜日は輸入犬具の販売で日本全国に、多い時には1年で約50か所に行ってました。


月~土曜日
17:00までペットショップで仕事して荷物を積み込み、高速道路をかっ飛ばしてドッグショー会場で出店し、終わったらそのまま帰って月曜日の早朝には送迎に行く生活です。
今だったら完全な超ブラック企業ですね
U>ェ<U

だけど、疲れるよりも毎回プロハンドラーさんに色んなことを教えてもらえたので、刺激的でかなり充実した仕事でしたU^з^U

私は個人的に犬らしい犬が大好きなので、その犬種らしいスタンダードを求めたショードッグが大好きです。

ショーに出てくる犬は、バランスの良い筋肉、ハンドラーとのコミュニケーションができるトレーニングの上に、犬種特有の美しさが兼ね備えられたうえで個性を競ってます。
犬にとって大切な、必要なことをしてもらっていると思います。

近年ではドッグショーに足を運ぶトリマーさんが減りましたが、年に1~2回はドッグショーに足を運び、美しい犬種の祭典を見てほしいと思いますU^з^U

2017/03/28

時代が変わればやり方も変わる

展示会シーズンになりました。

沢山のトリマーさんと話ができるので、一番楽しいシーズンです。

お客様の話を聴いていると、タイプが2つに分かれますね。

「今まで通りにこだわるお店」

「こだわりに基づいて新しいことにチャレンジするお店」

最近ではシザーでブレンダーやカーブシザーを使うようになり、バリカンではハイパワーなものやアタッチメントコームを使う方も増えました。

しかし、スタッフトリマーの話を聴いていると、「うちの先輩は新しいものを提案すると拒否られるUTェTU」と嘆いている方が多くいらっしゃいます。

もちろん、従来のやり方に大切なこともありますが、犬に迷惑を掛けていることも多くあります。
時々、「犬には我慢させるのよ!」「犬になめられないよう押さえつけなさい!」という声も聴きますが、しなくてよい我慢はしなくても良いし、嫌だから「やめて!」って言ってるのだから、押さえつけるよりトレーニングすることの方が大切だと思います。

と、言いながら私も昔は押さえつけて叩いて言うこと聞かせてましたが・・・U>ェ<U
反省します。
トリミングに時間を掛ける、負担を掛ける、我慢をさせていることはないでしょうか?

シャンプーやシザー、バリカンなど新しいことを取り入れる重要性は何か?

 トリマーが楽をすること=犬に楽をさせることです。

 トリマーも犬も楽が出来れば、仕事が楽しくなります。

 忙しく仕事をするより、楽しく仕事ができることにこだわりを持ちたいですねU^з^U

2017/03/27

ペット業界ホワイト企業化運動

最近、働き方改革が注目されてますね。

DSC_0565
私が20数年前にペットショップの現場仕事で修行させていただいてた頃は気にしてませんでしたが、ペット業界はブラック企業が多いのが現実です。

ブラックペットサロンの特徴
①サービス残業、長時間労働
②スタッフが使い捨てで人材育成していない
③給料が少ない、10年働いても手取り20万以下
④休みが取れない
⑤信用・信頼を謳ってているがスタッフにはない
⑥安心・安全を謳っているが商品にはない
⑦体育会系の社風

いま、動物関連の専門学校生が激減しています。少子化の影響もありますが、こうした職場環境に保護者が就職させたくないという理由もあります。

いま、動物専門学校生がペット関連企業に就職しなくなってます。
インターンで職場に不安を感じるからです。

いま、入社しても1年以内に退職することが多いです。
職場に夢を感じれないからです。

夢を持つ若者が希望を持ち、実現できるペット業界にしたい!
ただその一念でペットサロン経営塾を始めました。

経営塾を開催してわかったこと。
トリマーはシンプルに強い想いを持っているから、経営を学ぶと実現させる力も強いということ。
事業計画書の内容が皆さん素晴らしいということ。

ペットサロンオーナーから経営者へ! ペットサロン経営者から社会的企業家=ソーシャルアントレプレナーへ!

ペット業界が全体がホワイト企業となり、夢を語り希望を実現できる産業となり、動物を通じて命を大切にし、愛を育む社会を創りますU^з^U

2015/02/02

Vol.19 ペットサロン白書

日本ペットサロン協会から初めてのペットサロン白書が発行されました。

ペットサロン白書

業界初となるペットサロンに特化した経営白書は下記の2つを主に調査しています。

①ペットサロンの経営実態の把握

②飼い主のペットサロンの利用状況を把握

たとえば、平均売上や店舗面積、就労人数、就労時間などから人時単価(一人当たり一時間当たりの売上)を算出したり、どのようなサービスが行われていて、どのような価格帯で販売されているのか?等が記載されています。

また、お客様への意識調査も行っており、お客様が求めるサービスの順位も掲載されてます。今回の調査結果から主に下記のような問題点が見えます。

①人口減、飼育頭数減による、大幅な市場規模減少

②特にプードルカットに集中された差別化を狙うがあまり、プードルカットの価格競争が激しい

③オプション設定はたくさんあるが、あまり利用されていない

④昔と変わらず人時単価が低く、従業員に対する待遇が悪い

⑤事故率が53%と非常に多く、リスク対応が行き届いてない

上記の問題点と飼い主への意識調査から考えると、今後の改善ポイントは以下のような部分が重要だと思います。

①トリミングに特化するのではなく、グルーミングについて考えなおす

②接客を中心としたオペレーションに変える

③信頼できる商品に絞り込んだ物販に力を入れる

④周囲の価格にとらわれず、人時単価にこだわった価格設定に見直す

⑤不慮の事故にも対応できるリスク管理を徹底する

細かなことを言えば、もっと説明が必要だと思いますが、大まかな重点ポイントです。

今までどおりは通用しなくなりました。

今後のペットサロン業界は技術や経験値の勝負だけではなく、サービス競争と生産性を重視したオペレーションにこだわった経営が必要です。
ワンクスでは、経営に関する情報をもっとたくさんお届けできるようにしていきます。

ご要望やご相談があれば、お気軽に森までご連絡下さい。

waruoda

もっと詳しく知りたい場合は、リスク管理の一つとして日本ペットサロン協会にご加入ください。

加入するとペットサロン白書が進呈されると思います。

お申し込みはホームページからです。

http://www.japanpetsalon.org/

]]>

2014/12/15

Vol.18強み弱みを明確にする

先週の日曜日にFCI大阪ドッグショーへ出店してまいりました。
年々出陳頭数が減っていることも残念に感じますが、トリマーさんの来場がさらに減っていることを感じています。
個人的な意見ですが、トリマーさんにはドッグショーに足を運び、スタンダードを学ぶきっかけを持ってほしいと思いました。
トリミング・グルーミングに必要なのは①適正な骨格と筋肉②適正な食事③生活のしやすさの3つだと思います。
その上でかわいさや美しさがあると思うので、スタンダードにもっと興味を持ってほしいな。 

さて、11月は出張だらけでブログをサボってしまいました。
なので、強み弱みを分析するための解説を表にしました。
で、ここで大切なのが、すべてが5点でなくても良いということです。
大きな会社でもすべてを5点にしようとすると無理がうまれることと、特徴が見えなくなってしまいます。
結論から言うと54333がベスト。どれを5点、4点にするかは自由です。
どこか、優れたところに集中して5点の強みを出し、それをサポートするように4点の部分、その他は3点を保てば特徴が生まれ、お客様に選ばれやすくなるということです。
まずは自店の現状を分析してみましょう。

 

2014/10/28

Vol.17 サービスの強み弱み

先週書いたブログを更新し忘れてました。
こうやってどんどんモノ忘れがひどくなっていくんだろうか・・・UTェTU 

 

 

 

 

 

さて、前回の続きです。
価格の次はサービスを分析します。
皆様のお店のサービスは業界標準になってますか?

私見ですが、ペットサロン専門店ではここで4点以上なければ、存続は厳しいかな・・・と感じています。
接客やPOP、パンフレット、予約の取り方、サービスを受ける選択肢があるか?
とくに接客は押しつけがましくなったり、言いなりになっていたり、無表情だったりしてないでしょうか?

サービスの強み弱み
5点 ニーズに合わせて、商品やサービスを「カスタマイズ」してくれる。
お客様が必ず選び、ウワサする。市場を独占している。

4点 知らない商品や状況があれば、「教えて」くれる。気づかせてくれる。
お客様が良いお店だと思う。他店と差別化ができている。

3点 「便宜」を図ってくれる。懸命に気遣いを見せてくれることがある。
お客様が内容を知っている。業界水準に達している。

2点 思い出したくない目に遭う。家族や友人にも当然すすめられない。
お客様から信頼されていない。他にないから仕方がない。

1点 無愛想。説明なし。言い争う。根拠のないサービス。
詐欺っぽい。お客様が悪い噂が流す。



2014/10/04

Vol.16価格の強み弱み

ずいぶんと涼しくなりました。
お散歩するには快適な季節ですねU^ェ^U

Vol.8で7つのお役立ちについて書きましたが、皆様のお店は如何でしょうか?

①社会の何に役に立つのか?
②お客様の何に役立つのか??
③自店の何に役立つのか ?
④スタッフの何に役立つのか?
⑤犬や猫の何に役立つのか?
⑥自分の何に役立つのか?
⑦自分やスタッフ家族にどう役立つのか?

では、こんなお店にしたい!
と、夢を掲げても、今どこにいるのかわからなかったら迷子になっちゃいますね。

そこで大切なのが、自社(=自店)をしっかりと分析することです。
現在の自社の立ち位置、立場、状況、環境を知る必要があります。

分析方法はいろいろあるのですが、順番に紹介していきたいと思います。
 

草を食べるワックンがかわいいU^з^U

 


まずはお客様から見た自社の強みと弱みを分析しましょう。
下記の5つの分野で強みと弱みはどうなってるでしょうか。

①価格
②接客サービス
③アクセス
④商品
⑤経験価値(お客様が感じること)

ウワサになるお店創りセミナーでは、さらに上記を細分化して5段階評価するようにしています。

①価格
カットコースの価格
シャンプーコースの価格
ペットホテル価格
商品の価格
その他・・・

単に安いから良いというわけではありません。
安かろう、悪かろうってこともありますし、色々値引きしすぎたりすると逆に不信感を感じることもあります。

一番いいのはプライスリーダーであることです。


プライスリーダーというのは地域で一番お客様を持っていて、圧倒的に差別化された商品やサービスがあり、他店が自店の価格を基準に価格設定をするような状態であることです。
例えばユニクロは安くて商品もそこそこいいですよね。
ユニクロの価格は4点だと思います。

5点 人の分まで買ってくれる。他人に買い物を安心して任せられる。
ウワサが広がる。地域ではプライスリーダーである。
4点 公正で「一貫性」のある価格設定をしている。
お客様が良いお店だと思う。他店と差別化ができている。
3点 「正直」な価格設定をしている。価格のつり上げや、大幅値引きをしない。
業界水準である。妥当な価格。
2点 不明確で一貫性がない。
勝手に追加料金。不安を感じる
1点 人を欺くような価格設定。ぼったくり。
暴利をむさぼる。詐欺っぽい。悪い噂が流れる

こうして分析したものを書いて、データとして持っておくことが大切です。
考えてるだけではNGです。
あと、パソコンが苦手だと言って使わないのもNGです。
シザーと一緒で使わないと慣れません。

考えてみて、書いて、また時間をおいて考えてを繰り返すと、本当のお店の状態が見えてきます。
考えるコツはトリマーであることを捨て、一般の飼い主になりきって考えてください。
これが一番難しいかなU^ェ^U

下記のような表を作って、是非記入してみてください。
つづく・・・

2014/09/22

Vol.15 忙しいから・・・

すっかり秋になって涼しくなったと思ったら、先日、少年サッカーの審判で紫外線が強くてえげつない日焼けをしましたU>ェ<U秋の紫外線には注意しましょう! 

今朝のお散歩満足ワックンですU^з^U

前回に続き「強み弱み編」を書く前に・・・ 

皆さん忙しくしてますか?

忙しいのは良いことですね・・・と言いたいところですが、今日は忙しいことが良いことではないというお話です。
「忙しい」という感じは心を亡くすと書いて「忙しい」です。
そう考えると心当たりはありませんか。
そこで時間の使い方について考えてみましょう。
セミナーを開催しているとキャンセルも良くあります。
その中で、特にもったいないなぁって思う理由があります。
「予約が入ってるから行けない」
「忙しいから行けない」
っていう理由です。

もちろんセミナーに魅力がないこともあるかもしれませんが・・・U^ェ^;U

なぜそのようなことになるのでしょうか?

下記の表を見てください。


縦軸に重要度、横軸に緊急度を置きます。
そうすると①重要で緊急な仕事と③の重要ではない緊急な仕事が日常に多くなってないでしょうか。
緊急を優先的に考えると①と③に囚われてしまいます。 

まず、優先事項は重要なことは何かを考えること。

例えば重要で緊急な仕事の中にある、「締め切り間近の仕事」というのは、売上に余裕がないから目先の売上のために、予約を詰め込むことです。
そして仕事や売上を計画的にコントロールできていないため、入ったお客様をこなすことに一生懸命になります。
結果的に仕事がコントロールできていないため、ミスが増えたりクレームが増えたりして悪循環となります。

①の重要で緊急な仕事は避けられないことですが、②重要で緊急ではない仕事にある「適度な息抜きをしながら、人脈や人間関係を作り、セミナーなどに参加し、本読んで勉強したり、準備や計画をしっかりやる」と①にある項目は減らすことができます。
だからこそ②重要だが緊急ではない仕事である、セミナーや本読むなどの時間をしっかり使っていきましょう。


緊急中毒
①いつもあちこち走り回っている
②プレッシャーがかかったときのパフォーマンスがもっとも良い
③危機や緊急事態に対処するためなら、他人を失望させたりすべきことを放置したままにしても周りの人が状況を理解してくれるものと思う
④本当にやりたいことを実現する日が、いつか来ると思っている
⑤いつもあちこちを動き回っている
⑥プレゼンテーションの準備や資格試験など大きな山は、昔から一夜漬けで突破する
⑦危機や緊急事態を解決することで充実感を得られる
⑧一日の終わりに、処理済の書類が山積みになっているのを見ると、自分は本当に生産的だと思う
⑨周りの人が本当に緩慢で苛立つ
⑩内省の時間、スキルアップの時間がないのは他人のせいである


わたくし、心当たりが①②⑤⑥⑦・・・やばいU>ェ<U
今日の内容は自分のことを棚に上げておりますU^з^U

心当たりがあったら①重要で緊急な仕事と③重要ではない緊急な仕事に囚われている可能性があるのでご注意をU^з^U

ご意見・ご感想・シェア大歓迎U^ェ^U

 

2014/09/10

Vol.14新しいサービスを導入する前に

昨日は日本ペットサロン協会の理事会でした。
協会では経営に関するセミナーをたくさん用意しております。
来年1月から東京・大阪で毎月開催予定なので楽しみです。

最近のペットサロンの傾向として、いろんなことをやってるお店が多いと思います。
例えばオゾンシャワーにマイクロバブル、炭酸泉、ハーブパック、アロママッサージ、トリートメント、温泉浴・・・
全部やってるところも結構多くありますね。


サービスを多く取り入れることも良いとは思いますが、何のためにそのサービスを取り入れているのでしょうか?

もしかすると作業が増え、説明が複雑になり、効果的に使用できない、お客様が迷う、なんてことになってないでしょうか?

新サービスの導入は計画的に導入しなければ、逆効果になることが多々あります。
良いことはわかっていますが、新サービスの導入は導入の目的とお店の経営に対する効果性を明確にしてから導入しましょう。

始めるのは簡単ですが、止めるのは難しく、お客様の信頼を失うことになりかねません。

では、計画的に導入するためにはどうしたら良いでしょうか?
その為には自分のお店を分析し、方向性を明確にすることです。
その為の手段を一つずつご紹介します。
次回、強み弱み編へつづく

]]>

1 / 3123

ページの上へ