ワンクスHOME > お知らせ > 経営者情報 > ペット業界ホワイト企業化運動

お知らせ

2017/03/27

ペット業界ホワイト企業化運動

最近、働き方改革が注目されてますね。

DSC_0565
私が20数年前にペットショップの現場仕事で修行させていただいてた頃は気にしてませんでしたが、ペット業界はブラック企業が多いのが現実です。

ブラックペットサロンの特徴
①サービス残業、長時間労働
②スタッフが使い捨てで人材育成していない
③給料が少ない、10年働いても手取り20万以下
④休みが取れない
⑤信用・信頼を謳ってているがスタッフにはない
⑥安心・安全を謳っているが商品にはない
⑦体育会系の社風

いま、動物関連の専門学校生が激減しています。少子化の影響もありますが、こうした職場環境に保護者が就職させたくないという理由もあります。

いま、動物専門学校生がペット関連企業に就職しなくなってます。
インターンで職場に不安を感じるからです。

いま、入社しても1年以内に退職することが多いです。
職場に夢を感じれないからです。

夢を持つ若者が希望を持ち、実現できるペット業界にしたい!
ただその一念でペットサロン経営塾を始めました。

経営塾を開催してわかったこと。
トリマーはシンプルに強い想いを持っているから、経営を学ぶと実現させる力も強いということ。
事業計画書の内容が皆さん素晴らしいということ。

ペットサロンオーナーから経営者へ! ペットサロン経営者から社会的企業家=ソーシャルアントレプレナーへ!

ペット業界が全体がホワイト企業となり、夢を語り希望を実現できる産業となり、動物を通じて命を大切にし、愛を育む社会を創りますU^з^U

ページの上へ